FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内トヨ

トヨの話です。

屋根の中にトヨを埋め込むのは良くない。
概観のデザインでは、トヨが邪魔になってしまうので、思わず隠してしまうが、長い年月、いつまでも雨水をうまく流してはくれない。

だいたいどこかに漏水して、腐っている。

処理しきれなかったりした、水の逃げどころを作るべきだが、抜け道を作っても、風通しが悪いと腐る。

コーキングの処理をしても、トヨ材に金属など熱で延びる部材はコーキングがきれちゃう。
隠せるものなら隠したい。雪国はついていないが、落ちた雨水の工夫をしている。

よーく考えよう!




スポンサーサイト

ストリップ階段とは、スケスケの階段のことを言ったりします。

最近、またこれが流行っている、設定屋さんはオーダーで昔からよく使うが、既製のものがどんどん出てきた。

デザインは抜群にいいし、階段をつけることによって、空間が狭くなることを防げる、明るいなど、利点もあるが、問題点もある。

問題点は高所恐怖症の人には使えない、スケスケよく見えるから怖いのです。
もうひとつは、ホコリっぽいこと。

ここ何年、ストリップ階段に、洋服を着させる工事が出てきています。
階段選定時に、よくお考えくださいね!




玄関サッシの交換は、どこまで壊して取り付けるか、いかに何事もなかったように、取り付けるかが鍵となる。

いかにも取り替えました!見たいな取り付けは素人。
下手な人は、枠をべたべたつけてごまかす。

開き戸より、引き戸のほうが、気を使ってほしいな。

敷居の取り付けをないがしろにすると、コンクリートが固まって、あとで後悔する。
最近の玄関引き戸は、敷居の幅が広いから、敷居を踏んでしまう。
だから、気を使う。

リフォームだと、ほとんどが、取り付け柱が傾いているしね。
少し小さめにオーダー出してね。

雨は登る


雨は登る
屋根勾配がのろい時、風あたりが強いとき、など
条件が揃うと、見事に

雨は登る。

先日の台風の最中、屋根にあがってじっくりと見てみた。
屋根の防水ルーフィングの重ねからも、雨は登って入っていく。

近所のコロニアル屋根の重ねも、風で浮いてる。

サッシにあたった雨も、サッシの溝からあがる。
古くなったサッシは、パッキンも古くなって、そこから雨漏りする。

またまたこのような経験することで、知恵が生まれてくる。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。